« ボトムズの話題。 | トップページ | 1ヶ月。 »

2006年4月22日 (土曜日)

砲身を作る。

Photo_70 いきなり訳の解らない画像だが、砲身を作る為に無い知恵を搾り出して思いついた方法をやってみる。

微妙にテーパーの付いた丸棒をプラ素材かアルミで探し回った結果、100円ショップにちょうど良いモノがあった。1個だけ・・・それは、70度C耐熱スチロール樹脂製の箸である。昨今、箸も温暖化対策か自然志向で天然木素材が主流でプラ製のものはコレしか見つける事が出来なかった。適当なサイズに裁断して、更にカバーとなる部分をバキュームフォーム成型した。

Photo_71

このように切り出したパーツを整形してひとつに接着すると、本体にフィットするカバーが出来上がるという寸法だ。

Photo_72 プラ同士の接着は流し込み様のモノを最小限な量で行う。面がしっかり出ていて、且つ圧着すれば、比較的短時間で次の作業に移行できる。若干の隙間は瞬間接着剤にアルテコの粉末で十分対応出来る。

Cimg1396

ヤスリなどで整形出来たらアタリをとって穴あけと切断の作業を行う。

いい感じの曲線が出たと・思う。

Cimg1398 銃口は、ジャンクパーツのストックから目標形状に近い物をチョイスして、ルーターのチャックに装着。回転させて簡易旋盤状態で軽くナイフを当ててお目当ての形状にもって行く。

Cimg1400 その他、アルミ・真鍮パイプでグレネードランチャーを作り、こんな感じの分割で、銃の基本形はようやく見えてきた。

これらを組み立ててみよう。

Cimg1399 ようやく、ヘビーマシンガンらしくなってきやがった。さて、あとは、ショートバレルと細部のディテールと、前グリップを握る左ナックルが残っている。それから、両方の平手も。

しかし、ゴールデンウイークまで休みなし確定なので、また作業が進まなくなりそう・・・・・・(泣)

つづく。

|

« ボトムズの話題。 | トップページ | 1ヶ月。 »

「模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/1494865

この記事へのトラックバック一覧です: 砲身を作る。:

» 真鍮(C3604)の変更実例 [RoHS 規制物質の対応実例ならここ!]
環境規制の対応実例を紹介。真鍮の対応変更を行います。 [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土曜日) 23時52分

» RoHS指令とWEEE指令 [RoHS指令とは]
RoHSと並び、重要な規制に「使用済み電気・電子機器に対する指令」と言われるWEEEがある。日本での「家... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日曜日) 00時14分

« ボトムズの話題。 | トップページ | 1ヶ月。 »