« 万博の感動「再会」 モリコロパーク 一部開園前に公開 | トップページ | 今日のヨーグルト② »

2006年7月14日 (金曜日)

爺やが云っていた。

Cimg1683 かれこれ15年程前、母方のひいおじいちゃんに貰った柱時計。

当時不可動品で、バラして油注して試行錯誤の結果動くようになった。一時間ごとの「ボ~ン・ボ~ン」というアラーム音を、旧友の女友達は「絶対嫌だ!!」と酷評したが、長年と使っていると愛着が湧く。愛すべき機械だ。微妙な時差の調整は、振り子にねじが切ってあって、振り子の長さを微調整することによって行う。

ほぼ、一週間ごとにゼンマイを巻く。ムーブメント用とアラーム用の2個。

貰ったとき、巻く為の鍵が無かったので、骨董市で200円で買った。Cimg1684

真鍮製の鍵、使用感バリバリなところがよい。真鍮製だから使用後は手を洗わなくてはならない・・というメンドクササもあるけど、時間経過というものが、目で、手で解る感覚が良いのだ。

|

« 万博の感動「再会」 モリコロパーク 一部開園前に公開 | トップページ | 今日のヨーグルト② »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「造形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/2650508

この記事へのトラックバック一覧です: 爺やが云っていた。:

« 万博の感動「再会」 モリコロパーク 一部開園前に公開 | トップページ | 今日のヨーグルト② »