« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月16日 - 2006年4月22日

2006年4月22日 (土曜日)

砲身を作る。

Photo_70 いきなり訳の解らない画像だが、砲身を作る為に無い知恵を搾り出して思いついた方法をやってみる。

微妙にテーパーの付いた丸棒をプラ素材かアルミで探し回った結果、100円ショップにちょうど良いモノがあった。1個だけ・・・それは、70度C耐熱スチロール樹脂製の箸である。昨今、箸も温暖化対策か自然志向で天然木素材が主流でプラ製のものはコレしか見つける事が出来なかった。適当なサイズに裁断して、更にカバーとなる部分をバキュームフォーム成型した。

Photo_71

このように切り出したパーツを整形してひとつに接着すると、本体にフィットするカバーが出来上がるという寸法だ。

Photo_72 プラ同士の接着は流し込み様のモノを最小限な量で行う。面がしっかり出ていて、且つ圧着すれば、比較的短時間で次の作業に移行できる。若干の隙間は瞬間接着剤にアルテコの粉末で十分対応出来る。

Cimg1396

ヤスリなどで整形出来たらアタリをとって穴あけと切断の作業を行う。

いい感じの曲線が出たと・思う。

Cimg1398 銃口は、ジャンクパーツのストックから目標形状に近い物をチョイスして、ルーターのチャックに装着。回転させて簡易旋盤状態で軽くナイフを当ててお目当ての形状にもって行く。

Cimg1400 その他、アルミ・真鍮パイプでグレネードランチャーを作り、こんな感じの分割で、銃の基本形はようやく見えてきた。

これらを組み立ててみよう。

Cimg1399 ようやく、ヘビーマシンガンらしくなってきやがった。さて、あとは、ショートバレルと細部のディテールと、前グリップを握る左ナックルが残っている。それから、両方の平手も。

しかし、ゴールデンウイークまで休みなし確定なので、また作業が進まなくなりそう・・・・・・(泣)

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月21日 (金曜日)

ボトムズの話題。

Photo_68 約1ヶ月観測してきた桜も、ほぼ花は散った。

それでもまだ花が残っているというのは凄い。

ここまで長持ちした事はなかったはず。

とりあえず桜観測は終了します。

Photo_69 ←昨日購入した日経エンターテイメント。日ごろ買わない雑誌を購入した理由は、高橋良輔監督が「装甲騎兵ボトムズ」の小説を、この号から毎月連載を始めた為。

経緯を簡単にまとめると、事の始まりは去年初夏、倉田光五郎さんという鉄造形作家が「スコープドッグ」の実物大の製作をココログに公開し始め、ネット上で話題騒然になった事がキッカケで、「小説・装甲騎兵ボトムズ・いちぶんの一」という連載を、高橋監督が日経キャラクターズ!にて昨年5月から開始した。スティーブ・ツガタ氏という日系三世がボトムズの映像化に名乗りを上げ、サンライズの各セクションを説得して定例ミーティングをやる様になった・・という様な経緯を、居酒屋やスナックを舞台に、高橋監督の視点で描いている。

そして、1月号の第4回と同時に、装甲騎兵ボトムズ赫奕たる異端の続編にあたる「小説・装甲騎兵ボトムズ・孤影再び」の連載がスタートした。

ところが、この連載の第1回を大幅加筆して、5月号の日経エンターテイメントに掲載。以後、「孤影再び」は毎月日経エンターテイメントに連載。「いちぶんの一」は、隔月日経キャラクターズ!に連載される事となった。

キリコとフィアナがコールド・カプセルで宇宙に旅立ってから32年後、偶然にも回収され、覚醒したキリコの姿を描いたOVA赫奕たる異端。・・・・・

その続編が始まったのだ。内容に関しては連載を読んでいただくとして、なんと、バニラ・ココナ・ゴウトと、キリコが次回再会する。ボトムズファンは必見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もコツコツ・ダラダラ

Photo_64 時間を作ってはのらりくらりと、今日もひとつ、気の向いたところから・・・・

エバーグリーンの極細プラ棒を貼ってみたり、上のグリップにモールド刻んでみたりする。後からエッチング鋸でなぞってみたりする。

Photo_65 昨日のパーツにアタリを取ってみる。・スジ彫りではなく、ハーフパイプ状のモールドにしたいのだが、さて、どうやって彫ろうか?    

ボクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポクポク・・・        チ~ン!

とりあえず、思いついたので、やってみた。

Photo_66

まず、エッチング鋸で、スジ彫りして、次に、先端のシャープな○ヤスリで溝を少し広げる。最後に1ミリ径のドリル刃でなぞる。

HGばりにピストン運動を、こう、ぶれない様に、スコンスコンと・・・

まあ、カイテルのが、深夜なので・・・・・・・

Photo_67 結構上手くいった・・・のか?・・・その他、チョコットパーツが増えて、チョットは銃らしくなってきた・か、

このあたりで、タイムアップ。・・・まだ、銃身があるんだなぁ。

一体いつ出来ることやら。

風呂入って寝ます。    つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木曜日)

なんとも、季節外れな・・・

Photo_62 先ほど撮影した画像です。

庭の木に5つ残っているこれらは、

秋・冬を越え、春先までここにいる。

ご苦労。

Photo_63 こっちは、大学生時代に銅版叩き出しと溶接で作った脱皮直前のセミの幼虫。背中に見えているのはアルミ合金の叩き出し。

春先、通学途中の新入生が奇声を上げるのが笑える。

台座に固定されているが、本体は中空なので結構軽い。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

盛り削りは続く。

Photo_59 あまり変わり映えしませんが、右ナックルを整形中。

組むバラす削る盛る削る→・・・・・・・・

繰り返す。

Photo_60 指らしくなってきたが、まだ倍の時間が必要。

携帯火器の換装をするからグリップとは別パーツにした。

一点物か、他に火器が無ければグリップごと造形する手段もあるんだけど。ケミカルウッド削りだしとか、スカルピーでも出来るけど

Photo_61 まだ、銃側のパーツも作るので、形が変わる可能性がある。手首は腕へのセッティングの為に角度を微調整してやる。

そういえば、まだホビージャパンから作品が帰ってきてない。そろそろ要るんですけど・・・・。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水曜日)

初竹の子。

Photo_57 昨日、更新が間に合わなかった。(泣

昨夜のおかずです。

ここは名古屋市緑区なので、

近隣に竹林がまだ沢山ある。

Photo_58 近所から頂いた竹の子。

先っちょは刺身、太いところは煮付けで頂く。

食で春を実感。ビールがすすむ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

握り手を作っています。

Photo_52「キット化計画」の続きである。

マシンガンの部品を、例によってキャストブロックにて削りだす。中心線取って当たりをする。

寸法はこの段階でほぼ決定。

Photo_53 ひたすら金ヤスリで削る。徐々に目の細かいファイルに変えてラインを微調整してゆく。

足りない部分はキャストのチップを貼ったりする。

この後1000番位まで仕上げてスリットなどのディテールを入れる

Photo_54 ここで別の作業に入る。グリップを握る右ナックルを作るのだが、キャスト複製品を改造してミリプットを盛り付け、整形する。

少々強引な方法を使ってみた。

それは、

Jyuu 先ほどのキャスト削りだし部品を取り付けてみる。因みに前のグリップは軸を打って可倒式とした。

右にあるのが複製品の右ナックル。上は、ある程度削り込んだキャスト複製品にミリプットを盛った物。通常、硬化時間は2~3時間であるが、私は気が短いのでそんなに待ってられない!!

ラッカーシンナーを微量付けつつスパチュラーで大体造形してみる。

Photo_55 その後、温度調節機能があるオーブントースターで、様子を見ながら200度で10分位チンしてみた。エポキシ系パテも化学反応で硬化するので、熱を加えると反応時間が若干早まる。但し、温度が高すぎたり、焼く時間が長すぎると、身体に悪そうなイヤ~ンなガスが出てボコボコになるので、細心の注意が必要。

そもそも、スカルピー用にオーブンが用意してあるのだが、数年前にパルコで竹谷隆之の作品展が開催された時、会場で、本人が造形する様子を収録したVTRが流されていたのだが、その時はフィギュアの芯を番線で作り、ミリプットを盛ってオーブンに放り込んだ次の瞬間、スカルピーで顔の造形を始め、出来た頃に芯が固まっているのでそのまま胴体と首が合体。あれよあれよという間に身体の肉付けが出来上がっていくという、なんとも凄いものを見てしまった。・・・その時、「ああ、焼けばいいんだ」と思ってしまった訳だ。

Photo_56 ザックリ出来た握り手。硬化した部分と、まだ練って残っているミリプットには「時差」があるので、足りない部分を盛り足したり、この段階で軸を打ったり出来る。ここから更に削って少しづつ解像度を上げてゆく。今回はキャストとの相性と強度の意味からエポパテを選んだが、平手を作る時は流用しないのでスカルピーを使う予定。  

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月曜日)

桜もそろそろ

Photo_51 すっかり葉桜ですが、まだ咲いております。

今年は桜が長持ちですねぇ。

例年ならもう花はないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日曜日)

久々に晴れた。

Photo_49 久々にすっきり晴れた。

仕事前に撮影した画像。

近くに咲く菜の花。

ツボミのおひたしが美味しい。

Photo_50 ←コレは一体、何の花でしょうか・?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正解はモミジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »