« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月23日 - 2006年4月29日

2006年4月29日 (土曜日)

凛々子のレシピ

昨日は一日現場仕事で深夜に帰宅。明日は戦争だ。

Cimg1433_2 ←腹減ったので、お夜食を作ってみる。

カゴメトマトジュースHPにあったレシピをちょっとアレンジして作ってみる。簡単ツナリゾット。

たかのつめを刻んで入れてみた。ちょっとピリカラでビールにあうがや~。(´ー`)

でも、片付けしないから、上さんに怒られた。・゚・(つД`)・゚・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金曜日)

こんがり焼けた。

Cimg1434 盛る→焼く→削る→盛る→焼く・・・・・・

で・グレーからだんだん茶色に変色しているが、この色がほぼ焼き上がり。あまり高い温度で焼くと、細い部分から黒くなってしまう。そこまでいくと焼き過ぎ。

ついでに真ん中の拳のエポパテにスカルピーを盛って修正している。

Cimg1435 芯にアルミパイプを使った理由は、硬化後に抜き差しする為。腕側のジョイントも同径のパイプで接続するので、後で合体させてバランスを確認出来る。

やっと形が出た。ディテールがめんどい。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木曜日)

納豆鉢

Cimg1419 納豆である。ネギ・鰹節・卵は必需品。

混ぜるほどグルタミン酸が多くなるらしく、右手がいつもより多く回っております。

町内で陶芸を焼いている方の個展の時に購入した「納豆鉢」です。

持ち手が良い具合の太さで、混ぜやすいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカルピー

Cimg1420 そういえば2ヶ月以上スカルピーいじってなかった。

すっかり堅くなったグレースカルピーをガシガシ削る。そして、タミヤのエナメル用溶剤を微量混ぜて一生懸命練る。

溶剤成分が揮発したスカルピーを練るのは大変な作業になってしまうので、ホントは使う時に購入して早く使い切るのが良いのだけれど。絶対そう上手く行くはずもない。毒島孝牧氏は、最近パスタ・マシーンで練り作業をされているそうですが、本当に欲しくなる。だって、手が痛いもの・・・。

Cimg1421 うどんではないが、耳たぶ位の堅さに練っている。前はプリモを混ぜていたけれど、最近は、混ぜずに別々に使っている。

たいして偉そうな事言える程の技量はないのだが、僕の場合、すぐ焼いてガシガシ削る。

ほとんどポリパテと同じ様な感覚で使う。

Cimg1423 遠景にリキッド・スカルピーがあるが、それを付けながらアルミパイプにスカルピーをスパチュラーで撫で付け、芯になる部分を盛ってとりあえず200度で15分焼く。

焼き上がり直後にアルミ部分のみを水につけて冷まし、まだ暖かいスカルピーに盛り付けて、形を作る。

Cimg1424 大体30分位造形しているが、もう焼いてしまうことにする。

人によっては最後まで焼かずに仕上げてしまうらしいが、どうも、こう、手応えがないとすぐディテールを潰してしまうので出来ない。

日ごろ肉体労働も微細な着彩も仕事でするが、「力点」をどこかに置くと、「作用点」以外に注意は払うけどリペアも考慮するから、あまりに細かい「作用点」には力のコントロールが効かない。やわらかいままだと不安なのだ。

Cimg1426 焼いた後に削って形を出す。因みにまだ芯は入れてない。

万が一折れたら、その時ピンバイスで穴開けてピン撃ちして液スカでつなぎをとって焼く。削りが一段落したら、スカルピーを盛って形を整えて焼く。エポパテの時と大して変わらない。

イメージが出来ていると作業的にはポリパテより数倍早く出来る。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水曜日)

どうしても、食に・・・

Cimg1415 芽である。急に伸び始めた。

一見竹の子チックなのだが、

実はミョウガの芽である。

食うにはまだ早い。

ちゃんと成長した、大きくなった根元を天ぷらにすると、いい酒のつまみになる。

風味が良いのだ・たまらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まだ・できましぇ~ん。

Cimg1413 細部ディテールを作ってます。

ヘロヘロなので工程撮影するの

忘れちゃった。

とりあえずヘビーマシンガン本体は出来た。

Cimg1414 でも、弾奏がまだです。

明日から平手を作る予定。

つづく。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火曜日)

機影

前線の通過で急に雨が降ったと思ったら、今は快晴。

Cimg1409 上空に西へ向かう航空機を見る。

雲の無い青い空に、銀色の機影が、

光の反射で時折輝く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3大愛用飲料②

仕事の疲れが残ってます。GW前にもう一山越えれば、チョット一息つけるのですがね。

Cimg1405 毎日必ず飲んでいるモノです。

カゴメトマトジュース・

トマト100%(濃縮トマト還元)

相当長い間、この銘柄で続いております。デルモンテでもキリンでもなく。「カゴメ」です。今や本社こそ東京ですが、地元の企業でもありますし、近隣のゴルフ場とも深い関わりがあり、「カゴメ」製品には幼少期からかなり親しんでおります。

同社製品で、「食塩無添加」のトマトジュースもありますが、個人的にはこちらの方が好みです。(間違えてカートン買いすると非常にキビシーものがありますので)

最近では凛々子(りりこ)という専用トマトで製造されているそうです。リコピンが、通常トマトの3倍だそうです。詳しくは、カゴメトマトジュースのホームページへ↓

                              

www.lycopene.jp/

パスタなどの料理にも良く使います。これも生活必需品です。

トマトジュースダイエットレシピ Book トマトジュースダイエットレシピ

著者:唐沢 明
販売元:サンクチュアリ出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月24日 (月曜日)

Cimg1404 さて、これは、何の実でしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・答えはさくらんぼ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3大愛用飲料①

Cimg1402 ここ数年、安く手に入る時は箱買いしている飲料水である。

ULIVETO    ・ウリベート・

イタリア・トスカーナ産のミネラルウォーター。硬度609

最初は、嫁が仕事の関係先からもらってきたので、試しに飲んでみた。・・・・・・・ま@ マズイ!!!!

・・・と・最初は思った。無理も無い、日本人の味覚は、風土にある「軟水」を使った「食」・「味覚」を作り上げているのだから・・・。マグネシウムやら、カルシュウムやらのミネラルてんこ盛りな天然微炭酸水なんぞ・・・・・と・

それが、慣れというものは恐ろしいもので、かなりの本数あったこの、まずい水も、「もったいない」心理で飲み続けると、だんだん癖になってくる。なくなってしまうと、何故かまた欲しくなる。・・・確かに、ガスが入ったミネラルウォーターでも、炭酸がきつ過ぎてとても飲めない代物もあるが、これは結構「イケル」と思う様に、いつの間にかなってしまった。

ただ、ラベルの注意書きに「7歳未満のお子様は飲用をお控え下さい」・と・書いてある。

サッカー・イタリア代表・オフィシャル・ミネラルウォーター・・・・とも・

よく動く大人が飲め!・って事か。また・大人買いアイテムが増える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日曜日)

1ヶ月。

0006 ココログをはじめて、1ヶ月になります。多くの方々にアクセスして頂いた様で、約2600アクセス程になりました。

原点回帰の為に、「ボトムズ」を題材にしばらく作品を作っていく予定ですが、少なくとも夏までは継続する予定です。

拙く読みにくいブログで申し訳ないですが、引き続き、のらりくらり

マイペースで継続しようと思います。

(チョット公私共に忙しくなりそうですが・・・)

今しばらくお付き合い下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »