« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »

2006年10月22日 - 2006年10月28日

2006年10月28日 (土曜日)

みたらし団子グミって・・・一体、

スタッフに差し入れを、と、コンビニで何気にお菓子を買う。

Cimg2324 みたらし団子グミ

みたらし団子・・・・・ぐみ???

普通グミといえばフルーツとの組み合わせが一般的な・・・

タレが・・・中に!!??

Cimg2327 割ってみると、確かに醤油っぽいタレが入っている。

一体どういうことなのか??

醤油でっせ、醤油。

こんなの美味い訳ね~よ・・・と、試しに一つ食べてみようかなっと・・・・・・

ん・ん?

んん!!??

!!(゚口゚)?

みたらし団子の味がするううう

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月27日 (金曜日)

今宵の名古屋は、

 中日、日本一になれませんでした・・・・日頃野球を観戦する習慣がなくても、今回の日本シリーズには流石に注目していたんですがね。

一回でいいから目の前で獲得した瞬間を見たいものです。

Cimg2318 今宵の名古屋は

何気に寂しげ・・・・

(気のせい?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木曜日)

佐世保バーガー ホテル咲き都

Cimg2291 「佐世保バーガー ホテル咲き都」という名称の屋台が8月に大須に出来たという噂は聞いていたが、なかなか行く機会が無かった。

長崎・佐世保が日本のハンバーガー発祥の地で、この地域のハンバーガーは大きいのが特徴らしいのだが・・・・・

仕事のシフトで寄る機会があったので、買ってみる。

Cimg2292 レギュラースペシャルバーガー(¥890-)チョットお高い。

ランチでも結構美味しい物が食べられる金額だが、この直径が18センチある。ベーコン・エッグ・トマト・パテ・レタス・玉ねぎなどのトッピングである。

そりゃあボリュームあるわな。

味ですか?うむ。多分見た目通りですわ。(←辛口?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水曜日)

ロケ地

Cimg2298 昨日のお昼は、中央道中津川インター近くの「てるてる庵」といううどん・そば処で「おろし天ぷらうどん」をオーダー。

ここの麺は手打ちでシコシコ。つゆもアッサりしていて大当たりだった。

大変おいしゅうございました。

Cimg2307 今日のお仕事。瑞浪の某ゴルフ場内の歌舞伎小屋。桟敷に回り舞台のある、趣のある建物に、松の廊下のセットを仕込む。

詳しい事情は知らないのだが、ここで来夏公開予定の映画のロケーションが週末から始まるらしい。

どんな映画になるのだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火曜日)

ランバ・ラル独立遊撃隊セット

Cimg2293_1 また買ってしまった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バンダイ U.C.HARD GRAPH

ジオン公国軍・ランバ・ラル独立遊撃隊セット

パッケージアートがイイネ。他の製品にもこういうテイスト欲しいです。製作意欲を掻き立てる(←だったら作ろうよ。)

Cimg2294 ランナーでもランバ・ラルとハモンが並んでいる。造形もなかなか良い。

他のパーツも、眺めていると、「タミヤテイストのバンダイのイロプラ成形キット」的感覚。多色インジェクションの是非はともかく、よく出来ています。

Cimg2295 ランナーの右半分のパーツがザクⅡのヘッドのパーツ。

動力パイプのカバー、円筒形ではないんですね。バイクもなかなか良いモールドです。

ここまで出来ていると、ザクの胸から肩まで欲しくなるのが人情という物ではありませんか?(←だから、だったら作ろうよ。)

ランバ・ラルがあるので、この際グフに改造・・・・(←だから、だったら作ろうよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月23日 (月曜日)

ヤノベケンジのプロジェクト

Cimg2290 ロボットミュージアムのミュージアムショップで、・・・・ロボット繋がりということで、「ドキュメント子供都市計画」という本が店頭に並んでいた。

現代美術作家ヤノベケンジの経歴などは、ここでは割愛するが、2004年10月より、金沢21世紀美術館・プロジェクト工房にて約半年にわたる滞在製作「子供都市計画」が始動。

本書はその後の万博とリンクした「マンモスプロジェクト」や「キンダガルテン」を含む製作記録だ。

Cimg0721 かつてのヤノベの作品といえば、無骨な鉄の質感の「退廃した未来を生き延びる」ヤノベ自身の身を守る拡張兵器として存在していた。が、アトムスーツの「ルナプロジェト」でチェルノブイリの被爆地帯を訪れ、ある少年との出会いを経験し、その後、自らに子供が出来た事などの環境の変化もあってか、その作風は徐々に「子供たちが明るい未来を生き延びる」機械へと緩やかにシフトしてゆく。

↑紹介しよう。未来を切り開くポップスター「トラやん」である。

ガイガーカウンター装備で自然放射能を胸のカウンターでカウントする御馴染みの「アトムスーツ」に身を包んだ、バーコード禿にちょび髭のカワイイ奴である。

Cimg0708 昨年8月に豊田美術館で開催された「キンダガルテン」にて。

←子供都市計画会期中に公開製作されたプロジェクトの象徴、

ジャイアント・トラやん

身長5.2メートル そして、ある時突然、目を開き、首、腕を振り、口を開けて歌いだす。腹部の中が光り、内部に「トラやん」の姿が確認出来る。背部には、恐らく航空機用であろう増槽が装備されている。子供都市計画会期中、子供の呼びかけで口から巨大な火柱を吐いたという記録も残っている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月22日 (日曜日)

タトゥーシール

自作デカールを作りたいのだが、「アルプス社」製のインクリボン式プリンターでないと印刷できないデカールシートが多い。インクジェット式プリンターしかない人間はどうするのか?

Cimg2288 万能ではないが、タトゥーシールという葉書大の商品がある。

写真のパッケージの様な用途がメインな使用例だろうが、これを「デカール」として使用できない物だろうか?

印刷シートと透明ラベルの二種が入っている。

他社製の類似した商品もある様だ。

とりあえず説明書を読んでみる。

Cimg2289

なになに?「ネイルアート用シールやプラモデルのデカール、曲面用の透明シール等様々な用途に使える水貼りシートが作れます」

って、いいんじゃない??

「インクジェットプリンターで出力した鏡像(反転)画像に、付属の薄型接着シートを貼るだけ。」

さて、実用域での性能はいかに・・・・

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年10月15日 - 2006年10月21日 | トップページ | 2006年10月29日 - 2006年11月4日 »