« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »

2006年12月17日 - 2006年12月23日

2006年12月23日 (土曜日)

ベルゼルガ・第2章

毎度の事ではあるが、模型素材を購入する時、ついつい目的以外の物を買ってしまう。

Cimg2705 コトブキヤ・ワンコイン グランデフィギュアコレクション

青の騎士ベルゼルガ物語~第2章~

超・久々の、大人買い。カートンで。

レジクオネーター・・・カッケ~!!

ベルゼルガ物語については、二巻以降、ボトムズの設定を逸脱する部分があり、ファンの中でも、これをヨシとしない拘りを持つ方もある。確かに、話自体が変わっちゃってるから。・・・ただ、血湧き、肉踊る感覚は、外伝小説としてはよく出来ていると思う。

レジクオネーターの存在そのものも、「ボトムズ」の世界観には容認されないかもしれないのだが、独特な存在感と、幡池氏のデザインが、結構お気に入りだったりする。

Cimg2708 それで、このフィギュアのシリーズは、とても造形が良い!

デザインされていない裏側も、見事にまとめられていて、全体のバランスも破綻していない。塗装も、手を加えればGK並みに出来そうだ。

このギッシリ感、たまらん。

何やら、「ライジング・トータス」がスペシャルらしいが、3つも出たついでに、カラミティー・ドッグ(グリーンver.)が、一つも無かった。

久々にトレードでもしようか・・

装甲騎兵ボトムズ シャドウフレア 通常版 ( ノンスケール PVC製 塗装済 完成品 )

販売元:シーエムズコーポレーション
発売日:2006/05/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金曜日)

FREEDOM①

Cimg2689 今日は「FREEDOM①」のDVDを借りてきた。サンライズ製作の、日清・カップヌードルCFで御馴染みのアニメーション。

一話30分弱の1巻目で、あと何巻リリース予定かは知らないが、フルCG。

これが、映像を見ると驚くのだが、背景の質感やデザイン、キャラクターの動き、特性が、実に大友チック・・・というか、AKIRAのコミックの描写をそのまま映像化した様な不思議な感覚なのだ。かつての「AKIRA」や「スチーム・ボーイ」よりも大友らしいという感覚。CFの質感ともまた違ったこの映像感覚は・・何だ?

半信半疑で見始めていきなりハマッテイル。

FREEDOM 2 DVD FREEDOM 2

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/02/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木曜日)

今日のプリン⑬・・・ぷりんブロガ~?!

どうも最近、オイラの事を「プリンブロガー」・・・と、思っている方が数人いる。プリンは好きである。三食毎に食べたいと思っている。しかし、食はバランス。好きなものを飽きるまで食べ続ける・・・というのは・食の本筋から外れていると思う。甘い・辛い・苦い・酸っぱいが、バランスよく配置されてこそ、楽しいという物。更に、ほろ苦い・なるい・爽やかなど、組み合わせの妙というものに出会うと、「美味しい」と感じるわけで、季節には季節の「旬」を味わいたい。池波正太郎の食の描写を読むと、山芋であっても旨く食する背景の設定に拘りを感じる。

温暖化の影響で気象がおかしくなり、キャベツが取れすぎ、マグロ漁獲量が制限される状況を悲しいと思う今日この頃である。

美味しい物を食べると、「もっと食べたい」と思うのが人情であるが、腹八分目でやめておく美徳。そして、最後のスイーツで胃と脳を落ち着かせ、今日の食事も美味しかったと感謝したい。

さて、今日のプリンである。

Cimg2682

【プティポ とろふわ抹茶プリン 京都宇治産の抹茶】森永

素材のおいしさが味わえる、ふわっとやさしいくちどけのとろけるプリン。味わい深い京都宇治産の抹茶を使用し、失われやすい抹茶の鮮やかな色と豊かな香りを閉じ込めた和洋融合のデザートです。・・・・・とは、メーカーの解説だが、

とろふわシリーズ最後の一個。

抹茶の風味と、とろふわ具合との相性が非常に良い。

ただ一つ、難点、・・・・甘さがほろ苦さに若干勝ってしまっている。あとほんの少し甘さを抑えたら、オイラ好みになるのだけれどねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月20日 (水曜日)

オートバックス・社長邸

Cimg2641 こちら、洋風な作りのお屋敷。愛知県豊明市の文化会館の北正面にあるこの豪邸が、クリスマス時期になると、一大名所となる。自宅から車で10分弱の距離なのだが・・

今年は何やら、巨大なツリーが立っているぞ・・・・・・

オートバックスの社長邸で、研修所も兼ねている・・と、噂されているこの建物が・・・・・・・・・・・・

毎年、これが凄い事になっている。

何が凄いって?・・・・・

夜にならないと判らないのだが・・・・・・・

(゚口゚;)

Cimg2677 ・・・・・うお!!・・・ま・眩い光のページェント!!

エレクトリカルな交差点!!

地域住民への配慮か・・・文化会館の駐車場も開放されている!!周囲に見学の・人・ヒト・ひと・・・大撮影大会。

Cimg2678 きょ・・・去年はモリゾー・キッコロ揃い踏みだったが、今年は6メートル超な、巨大ツリーがスンゲぇ!!!

トナカイが舞い。雪の結晶が輝く。

よく見ると、オートバックスのロゴに、協賛各店の名前まであった。

店頭に同様のイルミネーション関連商品がある、という告知までする商魂たくましき状況。

毎年、ここを通ると、どの家のイルミネーションも霞む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火曜日)

三ケ日みかん

先日の日曜日は、三ケ日に住む友人宅を訪れる。例年ですと、みかん狩りの時期にお邪魔するのですが、今年は諸般の事情でみかん狩り出来ず・・・。

Cimg2645 みかん農家の仕分け台。痛んだ物を撥ねて最終的に箱に詰める。

毎年すいません・・・。また戴いてしまいました。

大振りな「青島」という品種だそうです。

Cimg2646 作業後に、浜松市の「うなぎの八百徳」本店にて昼食。創業明治四十二年の老舗。

うなぎの蒲焼・・と、一口で言っても、関東風と関西風があるそうで、関東は、うなぎを二つに切り、白焼きにした後、蒸してタレを付けながら焼き上げる。関西は、丸のまま直火で白焼きした後、すぐタレを付けて一気に仕上げる。

こちらの「八百徳」では関東風の仕上げだそうです。

蒸す事で余計な脂が抜け、柔らかくてトロッと仕上がるそうな。

Cimg2648 「この店に来たらこれ!」・・・と、友人に勧められるままに、

「お櫃うなぎ茶漬け」を食べました。

最初はお櫃より茶碗に取り、そのまま食す。

2杯目は茶碗によそい薬味をのせて、土瓶のダシの入ったお茶(昆布茶?)を注いで、サラサラと食す。

名古屋にも櫃まぶしの名店、色々ありますが、こちらのも、大変おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月曜日)

ブルーティッシュドッグが・・・・!!

「ボトムズ馬鹿」一代にも、知らないことがまだまだあったりする・・・・・

DVD をBGVとしてテキストを纏めていたのだが、第25話「潜入」にて、キリコ・フィアナ・ポタリア・キデーラの4人がビーラーの輸送トレーラーを奪い、カンジェルマン宮殿に潜入、キリコとフィアナは武器庫にたどり着くのだが、フィアナはそこで、自らの専用機であるブルーティッシュドッグを見つけ、搭乗しようとする・・・そのシーン

Cimg2640 ・・・こ・・こりわァ!!・・・・・・ブルーティッシュドッグが2機ある!!!

何故、今まで気が付かなかったのだろう・・・思えばウド編の機体とは別の物がここにある訳で、複数機存在しても、何ら不思議はないのだが、

固定概念という物は恐ろしい。・・・・・・これで、劇中、少なくとも3機のブルーティッシュドッグの存在が確認出来る訳だ!

その他の、こんな情報をお持ちの方は是非お知らせ下さい。

装甲騎兵ボトムズ 1/12 ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ フルアクションモデル Toy 装甲騎兵ボトムズ 1/12 ATM-09-GC ブルーティッシュドッグ フルアクションモデル

販売元:やまと
発売日:2006/11/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日曜日)

FLAG無料配信はじまってますよ~

Header_main  高橋良輔が総監督を務めるネット配信アニメーション「FLAG」の無料配信が12月5日からGyaoで始まっている。現在3話まで視聴可能だが、6話まで無料配信予定。来年1月9日まで。

http://www.gyao.jp/anime/flag/

20XX年の中東あたりの某国でのお話。フリーカメラマン白州冴子が、ある写真を撮影したことから、物語が始まる。

リアルロボットアニメーションで、今回の作品には、ぬえの宮武氏デザインの二足歩行兵器が登場。メカアクションはフルCG。

映像感覚は、冒頭は「ガサラキ」に近い感覚だが、視点が「カメラマン」が撮影したドキュメント映像的なので、場合によっては「カメラ酔い」する可能性もある。「ドキュメント・ダグラム」という映画を思い出す。あの時は新聞記者・ラルターフの視点だった。

新年にはセカンドシーズン(7話~)も発表予定なのだ。

この戦場の息吹に刮目せよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年12月10日 - 2006年12月16日 | トップページ | 2006年12月24日 - 2006年12月30日 »