« 名古屋城近くで。 | トップページ | ヘルメット② »

2007年5月 1日 (火曜日)

ヘルメット①

Cimg3408 まいど。連休などない只野です。

最近、模型の更新してませんね。

と・いうことで、「謎作業」のネタバレしないギリギリのところで作業工程を掲載しようと思う。

ケミカルウッド。M・C(マシニング・センター)とか、身近なところではローランドのピグザなどで、CADデータの形状を削りだす為の素材ですね。なぜここにあるかは割愛するが、色々な場面で愛用している素材だ。

大雑把に手引きの「レザーソー」(鋸)で挽き、欲しい大きさにする。

Cimg3409 欲しい形状のアタリを取り、電動糸鋸で挽く。

模型記事的展開なら、本来ポリパテで形状出しをするところだが、目の前に気泡を孕まないソリッド感のある素材があるので、時間のかからない方法を選ぶのは、オイラの中では必然。

お馴染み「バキュームフォーム成形の原型とするのだ。

Cimg3410 バイスに固定、ヤスリでガシガシ削る。

ヘルメット(1/8相当)のクリア部分を製作する為の原型がほしいのだ。

どんなヘルメット?・・て?

それは最後まで見ないと分からない。

ケミカルウッドは硬さが色々ある。キメの細かさが増すと硬く、粗いと削りやすいが、気泡を孕んだ感が高くなる。

Cimg3412 水研ぎまで行い仕上げる。

この後、とりあえずサフを吹く事になるのだが・・・・

続きは後日。

|

« 名古屋城近くで。 | トップページ | ヘルメット② »

「ボトムズ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/6271889

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメット①:

« 名古屋城近くで。 | トップページ | ヘルメット② »