« S.A.K | トップページ | 60000hit »

2007年6月 8日 (金曜日)

孤影再び 第15回

Cimg3565 黒い稲妻旅団本部にグレン・パツラー中将が降り立ち、場は穏やかな宴となるも、中将の怒号で場の空気は一変する。

「わしは寝る!」

事件はその夜明け方に起こった。

捕らわれの一行は逃亡した。

「追うな。そのままにせよ」

フランガー大佐はあっさりと言った。

*******************************

律法院は揺れた。元老、五つの薔薇、黒い牡牛、赤い牡牛、黒い稲妻旅団に対する議会は、対峙すべきか否か、軍事的意見を求める目的でキリコを証人として招く。だが、

議会に急報が届く

時を指し黒い稲妻旅団出現、グレン・パツラー中将の要求はキリコの引渡し。一人街を出ることを言い放つキリコの背中に鋭い言葉が投げかけられた。

テイタニアはキリコに同行する意志を伝える

「例外のあるところに尊厳はない。」

|

« S.A.K | トップページ | 60000hit »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/6711444

この記事へのトラックバック一覧です: 孤影再び 第15回:

« S.A.K | トップページ | 60000hit »