« また事件かよ・・・ | トップページ | 今日のプリン66 クリームバニラカスタード »

2007年6月19日 (火曜日)

萌えるオプション

Cimg3582 風俗的話ではありません。

某・ビルの解体現場、ユンボのショベルのお隣に魅力的なオプションパーツが!!!

クワガタ的形状とギミックと鉄の塊感が・・・・・

萌えすぎヤバスヾヾヾヾヾヾヾヾヾヾ(*´д`*)

涎モノです!この、ちょっと隠れた部分の構造が、イイんだよ!!

装着状態見たかった・・・・・。

|

« また事件かよ・・・ | トップページ | 今日のプリン66 クリームバニラカスタード »

「心と体」カテゴリの記事

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

創る事も壊す事も好きなおいらがにおいにつられて、こんばんは。

まなこを閉じたうえで、この上に青いマスクドライダーが波乗りみたいなことを想像した皆は、おつむがすでにクライマックスなのかもしれませんね。(笑

>装着状態見たかった・・・・・。
見るだけじゃなく、自身の体にその秘めたる性能とやらを感じてみては如何だろうと提案してみる。

そかそか、クラッシャーで萌えるのね。おいらは原始的なクレーンで鉄球吊っているやつが好きですね。その容姿はわかりやすく、稼動している様は豪快そのもの。
最近はあまり見かけなくなってますがね。

話し変わりまして、タコが明日からでも店頭に並ぶと思われますが、とりあえずお店のほうに確認して買いに行こうかなと。60Kmほどドライブのおまけつきだけどね。

第一印象としては資料に載っている4面図をほぼ忠実にトレースしている感がありますね。頭部が35MAXほど違和感はないものの、現状で大きく感じ、ぜひともダウンサイジングしたいところかな。(バイザー・ターレットレンズ周辺
誌面の情報を見て以来、改造のアイデアがでるわでるわで・・・・オボレソウデス

白箱のやつを組んだ方も既にいらっしゃるみたいで、なんともうらやましい限りです。(久方ぶりに”白箱”の言葉をききましたが)

運よく手に入り、仮組みが終わったときにでもまたこちらに、感想でも述べに来ますね。

そう、こんな夜は↓で終末を迎えるために気持ちを高ぶらせるのさ Killing pain Killing pain~
ttp://www.youtube.com/watch?v=SbaYhG__AgY&mode=related&search=

投稿: chaos | 2007年6月21日 (木曜日) 23時13分

>chaosさん

お久しぶりです。

ビル解体も隣接するビルに被害が及ばない様に、ほぼ完全にシートで囲われる事が殆どで、現場を垣間見る機会はなかなか無いですが、今回の現場は搬入車両用ゲートが開いていたので、中を見ることが出来たのです。

鉄球も、周囲に建物がなければ使えるのでしょうが、最近はあまり見かけませんです。>鉄球

Ⅴ3 の秘密特訓を思い出すのは私だけでしょうか?

オプションは、パイルバンカーの様なハツリ機とか、色々あるのでついつい凝視してしまいます>解体現場

このクワガタも、油圧アクチュエーターが二本露出していてカッコイイのです。鉄の実在感がタマラナイ。

>磐タコ

白箱情報、方々で見かけますね。バランス、悪くないっす。ただ、二の腕が1/24以上に細いのは如何なものかと

解禁になったらまた何か書きます。


投稿: 只野 | 2007年6月22日 (金曜日) 12時46分

>被害が及ばない様
飛散する破片・ホコリ・騒音・解体するときにに生じる振動等、いろいろとクリアしなければならないハードルがありますからね。周りが住宅地とかではもう大変。昼間しか作業できないとか、条件がつきますから。
ある意味、海外などでの”はっぱ”での解体はスリリングだと・・・

>Ⅴ3 の秘密特訓
いやいや、結構忘れたころあいで見かけますよ。
おいらとしてはクロエとケビンの特訓が最新かな。

>鉄の実在感
使っていないとき、表面にうっすらとさびが生じるのがこれまたいいんですよね。使っていない期間によってさびの進行とかで緑錆が沸いたりとか。
でも、稼動させて仕事をさせてやれば、摺動・摩擦によって地金の肌が露出すると、外見と裏腹に(中は)生きているって脳裏に浮かび上がります。


「簡単な”キット”だって言ったのに、何でこんな目にあうんだぁ~・・・・」
と、ジャッカルの精(似)が言ったようないないような・・・

メタルのやつよりスタンダードのやつのほうが店頭から姿を消したようですね。発売当日に完売したお店もちらほらと・・・

手元に舞い込んできたものを作ってみたところ、仮組みまでで3時間30分もかかりましたね。手が遅いおいらとしてはやったほうなのかな?
アンダーゲートは倍の手間がかかりますね。
(ボルトパーツ・シール・クリアーパーツははずすのがめんどうなので省略)


以下、気になったところをいくつかつらつらと

足首の間接はしっかりしているものの外装なんかで可動域が殺されてますね。
ただの屈伸とかなら気にはならないのかもしれませんが、左右に大きく開けないので現状ではポージングとかに支障ありです。

フレームにつく装甲などはボルトパーツを用いなくても、面のはめあいにて保持できる模様。塗装後はずしたりする場合は要クリアランス取りですかね。
腹部パーツの内側(ペダルの当たるところ)のしま板のディテールを見て戦慄を感じずにいられませんでした・・・

股間パーツの後ろから斜め下方向に可動するギミックはいいですねぇ。はなまるあげちゃいます。
今までの立体物を見なおしても、ここの部分のアプローチはありませんね。(1/8のやつは補助パーツでしたし)
太ももを斜め下前方に導いてやることで、降着した時に腕の伸びた状態にできる・降着時姿勢の安定性、何よりふくらはぎのパーツを胴体に近づけコンパクトになった印象が大きいと思います。
ドックキャリーとかの全長に反映されそうですね。
でも、ミッションパックにどう支障が出てくるかは、ブルーティッシュを見てからでしょうか・・・
地味ながらも利いてくる、いいところに着眼したと思います。
既にHJ誌面にて殺しちゃっている人もいましたが・・・

コックピット内は、ほかのスケールで搭乗者がいるときつきつだったと思いますが、やけに空間が目立つような・・・
意外と頭部・腹部そのままで腕・足のアップサイジングでH級ドッグだしてもいいんじゃあないのかぁ~とよからぬコトを思ってみたり・・・
~級というのがなければ時代的に前倒しになったかもしれませんね。

メタルVerのメインカメラは使い物になりません。
サイドの加工ががたがたでしたね。個体差があるのかはわかりませんが、はずれを引いてしまったものと認識しておこうかと思います。
切れ味の悪い刃で加工したのか、刃の送るスピードが速かったのかはおいておいて、梱包前の製品検査がずさんなものかと思われてもしょうがないできでしたね。

茶色と水色のパーツは材質がかなり厄介ですね。ペーパーの通りが悪くラインけしなんかでも手間がかかりますね。

メタル製のボルトは、ただメタルに置き換えたのでは芸がないってことなのかはわかりませんが、刻印が入ってます。
(プレス製法なのかな?)
ぷら製のやつは主パーツと色味があってない模様。

全身にムラムラな鋳造表現ですが、部分部分で統一性がなく、いまいちです・・・”てきと~”とかそんな表現が似合うほどわけわからんちんです。
射出成型条件とか金型の持ちにかなり影響ありですね。

マニュアルはそれぞれ別物ですね。メタルのほうにエッチングの取り扱いなど補足説明の欄が添付されてます。

普段作っている方でも気にならなかったかと思いますが、ランナータグおしゃれですね。
特に価値観が上がるわけでもないのに、手間のかかる方法を取ってくるあたりに、この作品のラインナップにかけてくる意気込みを感じます。
でも、R3シリーズのにおいがぷんぷんします・・・(笑)

すでにキリコの立像、胴体真っ二つだったりする・・・どうする!?おいら・・・

現状で24からいろいろと使えるパーツが出てきて、面白くなりそうな予感です。
先ずはシリコンとキャストを買ってこなければといった状況です。

いま、ふぁっちーを作れば誰もが皆”ちーむ うるふ はうんど”の一員にって・・・
誌上通販のやつは応募するの忘れていたという体たらく・・・(笑) ヤフオクかな~
・・・いや、タイタンさんのやつにするかな
しかしながら、Φ5のエンドミルがあるのにΦ5のキリがないのはどうしたこうしたやらで・・・ボール盤、ほすぃとおもった。

投稿: chaos | 2007年6月27日 (水曜日) 23時51分

>chaosさん

遅レスすいません。

そうか、見たいなぁ、>鉄球

1/20タコ

こちらに関しては様々な方が改修していますが、オイラは好きなように組みます。精度が高い分、改造し難いというのは、少々やりにくいです。メタル挽きモノ、ダメですね。

投稿: 只野 | 2007年7月 2日 (月曜日) 14時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/6842610

この記事へのトラックバック一覧です: 萌えるオプション:

« また事件かよ・・・ | トップページ | 今日のプリン66 クリームバニラカスタード »