« 今日のプリン67 ひるがのココアプリン | トップページ | 高橋良輔の洗礼 »

2007年7月 1日 (日曜日)

バンダイ1/20スコープドッグ メタルスペック

Cimg3596 個人用に買ってきました。

バンダイ1/20スケール スコープドッグ・メタルスペックバージョン

箱デカイ

Cimg3597 本体の完成度は周知の通り、バンダイの技術力で高精度な構成です。アンダーゲートで表面にゲート跡など出ないです。

造形バランスは賛否両論ありますが、オイラとしては二の腕の細さが気になってしょうがない。

それで、この、中国生産らしきカメラパーツと銃身・・・・・・

これ、オイラ、要らない・・・・・。これ以上多く語る必要なし。

Cimg3598 そうそう、このエッチングテンプレート(ギルガメス文字)が、主な目的である。装甲板も恐らく使うことはない。

ここまでやるなら何故シートベルトを付けないかなぁ??

方向性がチョット違うんだなぁ・・・

Cimg3599 さて、これ、「ジュエルシール」

名称からも分かるように、所謂、ネイルアート用のストーンと同様な構造。オラタコ以来オイラも何度か誌面で使った手段を製品化した訳か・・・。コレは使える。色合いも微妙に偏光していい感じ。

色が気に入らない場合は「ドンキホーテ」へ行きましょう。

さて、どうやって料理してやろうか?機会があれば徹底改修しようと思う。

|

« 今日のプリン67 ひるがのココアプリン | トップページ | 高橋良輔の洗礼 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

コメント

模型誌も買わなくなって、web上の情報もほとんど見なくなって
ほとんど情報が無い状態ですが、
このメタルパーツ入りは買いでしょうか?
とりあえずは必要ないような気がして通常版を手に入れました。

web上で検索しても可動範囲の改修とか
そちら系の情報ばかりでした。
僕のほうは、可動やギミック等はほとんど殺して
ビネット風仕上げになるかと思います。
最低野郎として、ここだけは押さえておけ!
と言った製作ポイントとかあったら教えてください。(笑

ps、
只野さんの作例陸ファッティー
キット化は無理なんですかねえ・・・欲しいよー

投稿: asai | 2007年7月 2日 (月曜日) 11時47分

>asaiさん

まいど。

「素材」として考えると、精度が高い事がかえって足枷になりますね。いじった箇所意外に思わぬ影響があって干渉したり・・・・メタル版は、挽物についてはAM社の影響で作ったのでしょうが、あまり良くない。必要ないかも。ボルトに刻印もkogoroさんの影響をストレートに表していますが、特に使いたいと思うことはないです。

ナックルはドム的で、出来れば作り直したいです。腕周りはいじる余地が相当ありますよ。二の腕が1/24より細い!!関節がガラ空きなのも気になりますね。

陸戦ファッティーについては、記事を読んでいただけると解るのですが、ワンオフだから1ヶ月で出来たんですね。GK化想定だと、多分倍の時間がかかる。しかも足回りオーバーフェンダー部分は1mm以下の肉厚でして・・・製品化についてはプラギルドさんに頑張っていただきましょう。

また別の物を作っていますので、また追々。

投稿: 只野 | 2007年7月 2日 (月曜日) 14時34分

どもお疲れ様です。頭がぷりんです。

これかいませんでした。SAKは買いますが・・・

現在デュアルモデル・ラビドリーでガシガシ

遊んでます。爆雷システムがおもちゃっぽくって

好き。

ボトムズカラーも出るンでしたっけ。

地上戦艦がいまはほしいです。

投稿: 日雇い役者 | 2007年7月 2日 (月曜日) 20時50分

>日雇い役者さん

まいど。

通常版は買って組んでみると面白いですよ。

良くも悪くもバンダイ的な構成ですが、脹脛の装甲と内部機構の構成など、良く出来ています。コクピットの構成も、組んでみて初めて解る事もありますので。

ラビダコ、出ましたか。これも、良くも悪くもタカラトミー的要素満載な商品ですね。玩具っぽさも一つのカラーです。

ビッグスケールにはそれなりの手の加え方がありますので、とことん改造し倒すのも一つの愛の表現ですよ~

あ・某作例の様に正面に溶接痕はだめですよ。ハッチ近辺であんな溶接したら歪んでハッチ閉まりません。
大人は記号性だけのディテールは入れません。機能を考慮した部品構成を意識した改造をしたいものです。

投稿: 只野 | 2007年7月 3日 (火曜日) 01時57分

TROOPERSさん、いつも楽しい情報ありがとうございます。ボトムズWEBには、このブログみたいに、コメント欄がないので、ファンとファンとの交流がなく、いまいちボトムズが盛り上がらないなと思っていました。月刊モデルグラフィックス編集部の高久裕輝さんも気をきかしてコメント欄をつけてくれるか、独自にブログを立ち上げてくれるのかと思ったのですが、非常に残念です。グチみたいになってしまいましたが、TROOPERSさんみたいな人がもっと増えるといいなと思っています。

投稿: | 2007年7月 5日 (木曜日) 03時50分

↑え~、コメントありがとうございます。
お名前が無かったのでご挨拶まで。

オイラはコアな一ボトムズファンの立場でこのブログを立ち上げました。昨今のシーンを盛り上げる事に貢献できたら・・・という希望を持っていますが、少しでも貢献している事が分かり、大変嬉しく思います。

何卒、今後もTROOPERSをご贔屓に。

投稿: 只野 | 2007年7月 5日 (木曜日) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/6992301

この記事へのトラックバック一覧です: バンダイ1/20スコープドッグ メタルスペック:

« 今日のプリン67 ひるがのココアプリン | トップページ | 高橋良輔の洗礼 »