« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »

2007年6月3日 - 2007年6月9日

2007年6月 9日 (土曜日)

60000hit

本日めでたく60000アクセス達成。(やっと・・・・・)

これもひとえに閲覧の皆様のお陰であります!

最近プリン情報さえ滞る体たらく・・・・(号泣)

模型関係は、「謎作業」など、制約があって書けない事のほうが多い為、なかなか近況をお報せできませんが、とりあえず生きてますよ・・・・という事で、

何卒、このブログを今後もご贔屓に。

今日は出張先のPCから失礼致しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金曜日)

孤影再び 第15回

Cimg3565 黒い稲妻旅団本部にグレン・パツラー中将が降り立ち、場は穏やかな宴となるも、中将の怒号で場の空気は一変する。

「わしは寝る!」

事件はその夜明け方に起こった。

捕らわれの一行は逃亡した。

「追うな。そのままにせよ」

フランガー大佐はあっさりと言った。

*******************************

律法院は揺れた。元老、五つの薔薇、黒い牡牛、赤い牡牛、黒い稲妻旅団に対する議会は、対峙すべきか否か、軍事的意見を求める目的でキリコを証人として招く。だが、

議会に急報が届く

時を指し黒い稲妻旅団出現、グレン・パツラー中将の要求はキリコの引渡し。一人街を出ることを言い放つキリコの背中に鋭い言葉が投げかけられた。

テイタニアはキリコに同行する意志を伝える

「例外のあるところに尊厳はない。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水曜日)

S.A.K

Cimg3564 完成品、納品完了。

次のお題・・・・納期タイトで超複雑なので初めて断った・・・。

仕切り直して、お題変更。さて。

またしても衝動買い。

タイトルで理解できる貴方、相当なオッサンですね。それはさておき、状態の良い未開封品が目の前にあったのでサルベージ。同シリーズの当時から組んでいない初版物も含め、一体いつ組むんだ・・・という悩みはあるが、いつか必ず組むよ。

箱の横に書いてある本編の解説文を読むと、何とも重たいテーマだったなぁ・・・と、思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日曜日)

ツバメ

070602_1246002 パソコンの前に座る暇も無いほどバタバタしている只野です。

良く行く仕事先、世界のトヨタの某所。

裏の出入り口に張り紙が添付しています。軒のある場所。

冬に来た時は巣なんて無かったのですよ。それが、ウマィ具合にこの張り紙の真上に、巣を作るんですな。環境をよく知っているというか、予定調和の如く毎年この時期に同じ場所に巣を作るんですよ。

恐らく別個体なのですが。

070602_1246001 飛翔して巣を構築してはまた何処かへ飛び去る。その繰り返し。

だが、ある時、つがいと思われる別個体と共にやって来たりするので面白い。追いかけっこにしか見えないその行為にどんな意味があるのか?仲睦まじく乳繰り合っている様にも見えるが、縄張り争いにも見えなくはない。彼らには彼らのライフサイクルと社会が存在するのだろう、毎年繰り返されているそんな習性を間近で見ると、生きるという事の意味を考えさせられる。

それにしても、翼を広げて飛んでいるツバメの存在感とは裏腹に、巣に収まっているツバメを目の当たりにすると、「結構小さいんだ・・・」と、その身体の小ささに、今更ながら驚くのだ。

スズメと並んでも然程変わらない位なのだ。妙な感動がある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月27日 - 2007年6月2日 | トップページ | 2007年6月10日 - 2007年6月16日 »