« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »

2007年10月21日 - 2007年10月27日

2007年10月26日 (金曜日)

ペールゼン・ファイルズ DVD第1巻発売

Cimg3933 俺は、また生き延びた。苦痛とともに・・・・

遂に発売となった「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」DVDシリーズ第1巻。

2話収録

01 「渡河作戦」

02 「ガレアデ」

もう、ご覧になった方もいるだろうが、我々古くからのファンにとって、これは懐かしく、新しい映像だった。

何かと物議をかもし出したCGによるメカニック表現も、その使われ方はこの時代にして、実に適切だと思う。この世界を表現する手段として。

オープニングにも、象徴的に表現されている。

「幾許も保障されない命をその懐に抱え、肩を落とし、荒れた大地を進軍する鋼鉄の兵士たち」・・・・そんな雰囲気を表したオープニングには、映像、演出、楽曲など、あらゆる意味で「やられた!!」・・・と、思うのだ。

そして、まだ序章に過ぎない本編の端々に、アストラギウスに纏わる様々な演出が施されている。本編映像は試写で見たが、改めて5.1chで鮮明な映像を見ると、初めて気付く事が幾つかあって驚いた。

語りつくせない熱い想いがこみ上げる。

因みに、女性キャラは、今のところ一人もいない(爆)

つづく。

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 限定版 (2) DVD 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 限定版 (2)

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2007/12/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水曜日)

今日のプリン80 抹茶のとろふわプリン

Cimg3930 学園祭シーズンです。若さって素晴らしい。

若葉の勢いみたいなものを、少し分けてもらっているような・・

いやいや、お仕事の話なのですが・・・

それはさておき、

http://www.morinagamilk.co.jp/products/dessert/detail.php?brand_id=80

今日のプリンです。

抹茶のとろふわプリン(プティポ 森永)

お茶名人杉田隆伸氏が特別にブレンドしてくれた奥深い旨みのある西尾抹茶でつくりました。・・と、チャンピオンが申しております。

甘さと苦味のバランスが絶妙で、とろふわ具合もとても良い。

最近のこのシリーズの中では、今のところ一押しです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火曜日)

中華そば 華壱

時々ラーメン禁断症状が発症すると駆け込む店である。

http://raou.maxs.jp/shop/403.htm

Cimg3924 実にスタンダードな中華そば。

「華壱」さん。

細麺で、今回は醤油にしてみたが、出汁の旨みが実感できる非常にアッサリした味。

つけそばや、一風変わったメニューも多数存在するのだが、ほぼ全てにおいて、実に味の基本が確りしているという印象がある。

Cimg3925 愛知県豊明市の、住宅地の路地を入った場所にあり、発見が難しいが、人気店なので店内で待つ事が多い。

次ははまぐりめんでも頼んでみるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月曜日)

ウォーカーギャリア R3化決定?!

http://bandai-hobby.net/mokei/RRR/b/r3.html

R3ギャリア勝手に&公式応援団の活動は、以前から気にはしていて、モデルグラフィックス誌で「あさのまさひこ」さんがコラムを執筆し続け、何時しかバンダイ公認となり・・・。

旧キットシリーズの開発立ち消えを含む、このあたりの経緯は、氏の記事を読み返してみるとよくわかるので、ここでは割愛させて頂く。

なにしろ、20年を超えた怨念??があり、「プラキット」化の長年の夢は、当時を知る一人として感慨深い。いや、まだ現実にはなっていないので、バンダイがマスコミやHP経由で正式に発表しない限り、信用しきれないというトラウマさえあるのだ。

Cimg3926 最近再販された80年代の製品たち。ウォーカーマシンは、「戦闘メカ ザブングル」に登場するガソリンエンジンで動く人型の機械の事で、サイズも大小様々で、更に当時のプラキットは、スケールモデルさながらな素晴らしいアレンジが入っていてとても良いのだ。

Cimg3927 参考までにギャロップタイプのランナー

フェンダー部分の溶接痕。小スケールながら見事な出来である。

配置されている箇所も適切である。

他のモールドも実にシャープだ。

Cimg3928 エンジンケースを思わせる脚部のカバー。このあたりのアレンジは、スケールモデルを熟知した当時の金型職人の業なのだ。

Cimg3929 過剰な拘りはこんなところにも。

35番などは、車体全部に装備されているシャベルなどだ。

当時300円程度の定価だったと記憶しているが、これから開発されるであろう「ウォーカーギャリア」にも、このDNAを確り遺伝させて欲しいものだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年10月14日 - 2007年10月20日 | トップページ | 2007年10月28日 - 2007年11月3日 »