« 今日のプリン90 ドアラのまんまるプリン | トップページ | BASTARD!! 暗黒の破壊神 »

2008年6月25日 (水曜日)

告知・バーコフ分隊、その②

本日はホビージャパン8月号の発売日です。

長らくお待たせしました。

前作から半年以上経過してしまいましたが、「ペールゼン・ファイルズ」の作例、第2弾を掲載しております。

Rimg0063 諸般の事情がありまして、本作例がバンダイ1:20スコープドッグ3体目と記載されておりますが、「じゃあ、2作目はどうなったのか???」・・と、申しますと、現在「控え選手」として待機中ですので、何れ時期になりましたらお知らせします。(滝汗

今回の担当作例は、「ペールゼン・ファイルズ」第8、9話に登場する「雪上仕様」装備のスコープドッグをバンダイ1:20スケールをベースに製作しております。

表現が適切ではないかも知れませんが、「バンダコ臭」を消し去った改修と「アイスブロウワー」という雪上走行ユニットのフルスクラッチなどが見どころとなっています。

Rimg0065 第8話では「晴天の雪上での疾走感溢れるバトルシーン」が非常に印象的でした。映像作品への想いを込めて、今回の作例では、リアリティーの追求よりもキャラクターモデルとしてのPF版スコープドッグを強調した作風を意識しています。

例えば、この「アイスブロウワー」のデザインや運用方法は、理屈で云えば相当無理のあるものですが、いざ映像化されると、それが如何に「ボトムズ」的であるか納得させれてしまう不思議な感覚があるのです。一部では「リアルロボットアニメーション」の最高峰と謳われる「ボトムズ」とて、「リアル」とは似て非なる存在であるのです。

上手い嘘を画的に納得させる「リアル」さのサジ加減が「ボトムズ」の真骨頂であると思うのです。ですから、カメラはより青く深度の深いレンズとして調製し、「ボルトインスナップ」や分割線を埋めてしまっています。

Rimg0067

詳しくは、最寄の書店などで実際に手にとってご確認いただけると幸いです。

なんというか、ほぼ2作例分の労力を費やしていますから。

近日中に本ブログのフォト・ギャラリーも更新予定です。

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2008年 08月号 [雑誌] Book Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2008年 08月号 [雑誌]

販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 今日のプリン90 ドアラのまんまるプリン | トップページ | BASTARD!! 暗黒の破壊神 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

「造形」カテゴリの記事

コメント

会社行きがけにHJ購入、見させて頂きました。
特に腕が力強くて素敵です。頭も気持ちいい。
キットよりも喧嘩が強そうですね。

投稿: ウロタウコ | 2008年6月25日 (水曜日) 11時07分

>ウロタウコさん

まいど。

早速のお買い上げ、誠にありがとうございます。

>特に腕が力強くて素敵です。頭も気持ちいい。

下駄を小型化、脹脛、太ももを大型化、スカート長く、腕も延長、太くなりまして、頭大きくなりました。MSとはある意味真逆な改修かもしれませんが、ゴリラ的どっしり感を強調した方がATはカッコイイと思うのです。

投稿: 只野 | 2008年6月25日 (水曜日) 19時26分

こんばんわ♪ おひさです

さいきん おしごとからかえるのが
おそくなってしまうので 本屋さんしまっちゃう
| CLOSED |ヽ(´д`)えーん

きょうHJをかうことができました
雪上仕様おつかれさまでした +*

ぱって開いてみて思ったのは
前作例に増して 全体的なバランスを重視している感じがしたのと
言葉にしづらいし(・ω・)
このいいかたは語弊とかあるかもだけど
すごく『HJぽい』かんじもしました(笑)

CGテイストは狙い通りかも
実際には平坦ではないと思うのだけど
各パーツの面がとってもフラットに見えるのです
塗装色とか いろいろな要素もありそう

ブロウワーがあると
さらに重心低めな感じでかっこよいなぁ♪

いっけん ただのさん?とおもうんだけど
よくみると
どこからどうみてもただのさんでした!

読んだあと なぞのプレッシャーで
ごはんがたべられませんでした
もう タコで ごはんがなんばいでも いける!
なんていわないことにします(・ω・)

投稿: とがにゃん | 2008年6月28日 (土曜日) 01時59分

>とがにゃんさん

おひさ~。

HJ的なのは誌面構成や撮影の仕方、発注の仕方もありますが、前記の様に「キャラクターモデル」としての雪上仕様キリコ機を仕上げたからだと思います。

面に対する意識はかなりしています。素体としてのキットを評する時、例えば胴体の「C面」は「モビルスーツ」的で「アーマード・ルーパー」としては不要だと感じます。開発期間が短い製品でもあり、ガンダムの開発で培われたバンダイホビー事業部のCAD設計の癖が随所に現れている。従って、違和感を感じる部分はほぼ全て面構成を変えています。

某、大先生からは「面とエッジのコントロールを更にすべし」と、ご指摘もあり、今後にも課題があります。

また、「映像こそオリジナル」という基本に則り、CG画像を観察した上で各所を改造していて、「アイスブロウワー」込みでバランスが不自然でない様に調製しています。

塗装に関しては、迷彩に相当苦労していまして、組み立て状態でラインが繋がるように苦慮しました(滝汗

課題は次回作で解消・・・・出来るのか??(汗

とがにゃんさんの指摘は実に的を射ていてドッキリ!

>もう タコで ごはんがなんばいでも いける!
なんていわないことにします(・ω・)

いやいやいやいやいや、スイッチが一旦入ると結構暴走するじゃないですかぁ~。
まだまだおかわり( ´・ω・`)_且~~ イカガ?

投稿: 只野☆ | 2008年6月28日 (土曜日) 20時27分

且(人ω`)いただきまーす♪

>とがにゃんさんの指摘は実に的を射ていてドッキリ!

もし思ったことがあたっているなら
どっきり!はとがにゃんのほうなんだよ

だってほぼさいしょの2ページで感じさせる
説得力があったってことなんだもん‥

前回のときぼんやりと感じてたこと
(これはゆってなかったけど)のこたえを
さいしょの2ページでもらったきがして
「‥!」ておもった

なにもきいたわけじゃないのに‥
ことばではないこたえがきてどきっとした(・ω・)


>塗装に関しては、迷彩に相当苦労していまして、
 組み立て状態でラインが繋がるように苦慮しました(滝汗

解説に苦労はいなかった‥
 且>ロ(●ω●`)しぅー | |ω・)oO(漢!)
       しぅー

投稿: とがにゃん | 2008年6月29日 (日曜日) 13時50分

>とがにゃんさん

まいど。

正直な話、前作の消化不良を今回でリベンジした感が凄くあるんです。

ウェーブ製1:24「PF版」と「アイスブロウワー」の作例は、某、他誌であったけれど、・・・・・

バンダイ製はまだ無いので作業が多い分苦労はしているけれど「変える以上、情報量は製品を超える」という気概があった。
何より、やりたい事を込める範囲がそれだけ多かったので達成感は大きかったです。

塗装はねえ~「もう・やるしかない」状況に追い込まれていたので、もうね、恥ずかしいです。「見ないで」って。
ヽ(д`ヽ)。。オロオロ。。(ノ´д)ノ

投稿: 只野 | 2008年6月29日 (日曜日) 19時41分

スコープドッグやドムを見ていると、「がんばれロボコン」とかマジンガーZのボスボロットみたいなロボットが好きだという気持ちがなんか日本人の奥底にあるように思います。

投稿: bbb | 2008年7月 1日 (火曜日) 19時56分

>bbbさん

お久しぶりです。


>「がんばれロボコン」

そういえば今年のキャラホビの公式キャラクターデザインを大河原さんがしていましたが、可愛い系のロボットでした。スコープドッグの場合、あまり人っぽい演出は敬遠していますが、人型である以上、どこかに「日本人」の思想や趣味が反映されるのでしょうね。

独自のキャラクター文化が育っていますし、例の「せんとくん」とか「まんとくん」騒動でも象徴されるように「立ったキャラ」の記号性にビビットに反応してしまうのは日本人の国民性と言い切ってもいいと思います。

投稿: 只野 | 2008年7月 2日 (水曜日) 01時33分

 拝見しましたよ~。流石の一言!バンダイさん独特の癖が上手に消えていて、さらに全体のバランスが取れているのが素晴らしいです。

 スクラッチのアイスブロウワーもため息が出るほどに素晴らしいです。正直雪上迷彩のタコは好きではなかったのですがお世辞抜きで只野さんの作品を拝見してから印象が180度変わりました。今では凄くカッコイイと思いますね(*^-^*)

 余談ですが、ご存知かと思われますがマックスファクトリーさんのfigmaシリーズでドアラが商品化されますね!ドアラスキーの只野さんには嬉しいニュース!?

投稿: 三十路工廠 | 2008年7月23日 (水曜日) 18時11分

真っ白なスコープドッグの1/3スケールのものをJR秋葉原駅の真ん前(コトブキヤ等)に置いてみたら、かなりインパクトがあると思うのですが。

投稿: bbb | 2008年7月24日 (木曜日) 07時01分

>三十路工廠さん

まいど。

そんな手放しで褒めないで下さい。本人は付け上がりますから(爆

「アイスブロウワー」は作ってみると実に面白いメカでした。過去の雪上走行システムよりも合理的で過激な存在ですね。迷彩は大変ですけれど、出来上がると新鮮味が実感できますよ。是非挑戦してみて下さい。

次はもっと過激なセッティングに挑戦していますので、いずれまた。

>figmaシリーズでドアラが商品化

http://blog-imgs-21.fc2.com/d/o/a/doalers/447105565_128.jpg

コリですね。ええ、浅井真紀さん原型ですし、買っちゃうかも。

投稿: 只野 | 2008年7月27日 (日曜日) 20時19分

>bbbさん

まいど。

タカラのバトリング大会の参加者画像で交差点に立つタコというシチュエーションがありましたが、白いスコープドッグは結構新鮮かも。

投稿: 只野 | 2008年7月27日 (日曜日) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/21870340

この記事へのトラックバック一覧です: 告知・バーコフ分隊、その②:

« 今日のプリン90 ドアラのまんまるプリン | トップページ | BASTARD!! 暗黒の破壊神 »