« 「毒島孝牧とS.A.E作品展」 | トップページ | 作品展、お疲れ様でした。その2 »

2008年11月13日 (木曜日)

作品展、お疲れ様でした。

Rimg0031 え~、11月1日に、S.A.Eメンバーのにしかど氏の引率で、仙台からお越しのS.A.Eの熱狂的ファンである「J」氏と共に名古屋を出発、山口県の毒島氏が住む西門前アーケード商店街にお昼過ぎに到着。

山口の造形作家・毒島孝牧(ぶすじまたかぼく)氏の作品展「毒島孝牧とS.A.E作品展」の会場設営の為である。

会場は、「ギャラリー蔵」(仮)という、かつてはブティックとして使用されていた物件を活用した。本物の蔵にモダンなガラス張りの建物を組み合わせ、内装もシンプルにアレンジされていて、今回の作品展に丁度良い大きさなのだった。

Rimg0006 自然光溢れる会場内。

キャプションや「じゃぼうにあ」のビジュアルイメージも堅実な造りである。

かつて幾多のイベント会場で展示さてきた「S.A.E」のランドマークである「ぎゃあてい -掲帝-」という作品。

「スーパーフェスティバル16」(1999.10.3)
モデルコンテスト 金賞受賞

http://sae.cside.com/sae/←詳細はこちらから。

Rimg0005 Rimg0007

イベントで展開したガレージキットの完成品の数々。

「じゃぼうにあ」シリーズと「聖戦士ダンバイン」のオーラバトラーが全て展示されている様は壮観である。

Rimg0002 今回はじめて見たasaiさん塗りのダンバイン胸像。

生物感のある繊細な表現は素晴らしい仕上がりであった。

オイラも落着いてゆっくり仕上げたいと思った。

いや、これが欲しいぞ。

Rimg0009 バスタード6巻の表紙を飾った作品や、仮面ライダーなどのガレージキット作品、メーカーによって製品化された「バットマン」や「ウィッチブレード」等のPVC完成品フィギュアも展示されていた。

続く。

|

« 「毒島孝牧とS.A.E作品展」 | トップページ | 作品展、お疲れ様でした。その2 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ガンプラ」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

「特撮」カテゴリの記事

「造形」カテゴリの記事

コメント

当日はお疲れさまでした
本当に面白かったです

素晴らしい作品を見せていただきありがとうございました
大変勉強になりました^^

投稿: アイス | 2008年11月13日 (木曜日) 21時49分

>アイスさん

コチラでははじめまして。
コメントありがとうございます。

会期後すぐに貴ブログでレポートして頂き、誠にありがとうございました。コチラも大変助かりました。今後も宜しくお願い致します。

投稿: 只野 | 2008年11月14日 (金曜日) 00時33分

残念ながら僕も今回はじめて見ました。(笑 エナイ

良く見たらわかりますが、
塗装だけなら半日仕様のヤッツケ塗りです。

ディティールを追いかけたときと
考証を盛り込もうと思ったときだけアホになる塗装です。

投稿: asai | 2008年11月15日 (土曜日) 23時54分

>asaiさん

まいど。

違う視点・・・というか、思想で塗装を行うと、こういう回答もあるんだなぁ、と、感慨深く拝見していました。事情はよくわかりませんが、とにかく良い物見せてもらいましたよ。ヤッツケには見えませんでしたよ。

ディテールについても、考証の仕方で内容が変化するというのは、オイラも考えさせられる部分が多々あります。

学ぶべき物はまだまだ沢山ありますなぁ~
(滝汗

投稿: 只野 | 2008年11月16日 (日曜日) 02時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/25027428

この記事へのトラックバック一覧です: 作品展、お疲れ様でした。:

« 「毒島孝牧とS.A.E作品展」 | トップページ | 作品展、お疲れ様でした。その2 »