« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »

2008年6月22日 - 2008年6月28日

2008年6月25日 (水曜日)

告知・バーコフ分隊、その②

本日はホビージャパン8月号の発売日です。

長らくお待たせしました。

前作から半年以上経過してしまいましたが、「ペールゼン・ファイルズ」の作例、第2弾を掲載しております。

Rimg0063 諸般の事情がありまして、本作例がバンダイ1:20スコープドッグ3体目と記載されておりますが、「じゃあ、2作目はどうなったのか???」・・と、申しますと、現在「控え選手」として待機中ですので、何れ時期になりましたらお知らせします。(滝汗

今回の担当作例は、「ペールゼン・ファイルズ」第8、9話に登場する「雪上仕様」装備のスコープドッグをバンダイ1:20スケールをベースに製作しております。

表現が適切ではないかも知れませんが、「バンダコ臭」を消し去った改修と「アイスブロウワー」という雪上走行ユニットのフルスクラッチなどが見どころとなっています。

Rimg0065 第8話では「晴天の雪上での疾走感溢れるバトルシーン」が非常に印象的でした。映像作品への想いを込めて、今回の作例では、リアリティーの追求よりもキャラクターモデルとしてのPF版スコープドッグを強調した作風を意識しています。

例えば、この「アイスブロウワー」のデザインや運用方法は、理屈で云えば相当無理のあるものですが、いざ映像化されると、それが如何に「ボトムズ」的であるか納得させれてしまう不思議な感覚があるのです。一部では「リアルロボットアニメーション」の最高峰と謳われる「ボトムズ」とて、「リアル」とは似て非なる存在であるのです。

上手い嘘を画的に納得させる「リアル」さのサジ加減が「ボトムズ」の真骨頂であると思うのです。ですから、カメラはより青く深度の深いレンズとして調製し、「ボルトインスナップ」や分割線を埋めてしまっています。

Rimg0067

詳しくは、最寄の書店などで実際に手にとってご確認いただけると幸いです。

なんというか、ほぼ2作例分の労力を費やしていますから。

近日中に本ブログのフォト・ギャラリーも更新予定です。

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2008年 08月号 [雑誌] Book Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2008年 08月号 [雑誌]

販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年6月8日 - 2008年6月14日 | トップページ | 2008年6月29日 - 2008年7月5日 »