« 海王丸 寄航 | トップページ | ベルゼルガBTCⅡ 完成 »

2009年12月 3日 (木曜日)

スコープドッグ21C・追記

最近はタココン8への投稿を済ませ、現在は年始用の作例などを製作中です。まだ始めたばかりですがね。

さて、1:24スケール スコープドッグ21Cについて、補足的に少し触れておきましょうかね。

以前も紹介した様に、この「タイプ21C」にはオプション各種の設定画稿があり、そうした21C規格のマウント方法が独自にあったりするのです。「if」ではあるが、今回担当したレッドショルダーカスタム武装についても、この画稿を基準に製作した訳なのだが、

Rimg01292 例えば、この9連ミサイルポッドには、前後合わせて合計32箇所の固定金具が存在する。(本来、もう少し小さいのだが)

ボルトに蝶ネジで締め付けて前後のカバーを固定する構造になっている。

そこで、コレを再現するのにとっても苦労しているのだ。当初、「ディテールは再現可能な範囲で」という話だったのだが・・・・。

Rimg0106 モデルカステンの1;35用蝶ネジパーツと、アドラーズネスト社製スタッドボルト0、5mm、エバーグリーンの各種プラ棒を駆使して組み立てているのだが、何せ一個一個手作業で作っていたので「精度」がなかなか出なくって苦労しているのが分かるだろうか?

この蝶ネジパーツがね、よく飛ぶんですわ(爆

何度床に這いつくばって探した事か・・・(泣

最終段階で作ったので、仕上がりを想像しながらの楽しい作業ではあったが、もう二度と作りたくないな(爆

ギャラリーにも後ほど、画像をUPする予定ですので、お楽しみに。

装甲騎兵ボトムズ スコープドッグ21Cマスターブック Book 装甲騎兵ボトムズ スコープドッグ21Cマスターブック

販売元:ソフトバンククリエイティブ
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 海王丸 寄航 | トップページ | ベルゼルガBTCⅡ 完成 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

「造形」カテゴリの記事

コメント

21Cの本はもちろん買って枕元に置いて毎晩読んでたりしますw毎晩新しい発見があったりしてインスピレーションがわいてきます
あの9連ミサイルポッドの蝶番、すごいなーと思いながら見ていたんですが、なかなか大変な逸話があったんですねー


投稿: アイス | 2009年12月 3日 (木曜日) 10時37分

>アイスさん

まいど。

あくまで個人的見解なのですが、21Cって膨大な時間を費やしている=相応な経費が掛かっている・・っていう部分があって、内容の好き嫌いに関わらず、この情報には今後活用すべき価値があると思うんですね。

超ネジ固定具にしてもそうなのだけれど、かなり現実的な運用方法を想定した上でデザインされているんですよね。固定武装にしても、制御系ケーブルをどの様に接続するのかを想定して、本体側のアクセスパネルも配置されている。思想が重要である事を教えてくれていると思うのです。

今後ATをスクラッチするにしても、21Cを無視は出来なくなることでしょう。願わくは、この立体設定が商用に流布されれば一目瞭然なのですがね。

投稿: 只野 | 2009年12月 3日 (木曜日) 20時37分

これは 21Cの本を購入して ため息をつかないと、、、。
すみません まだ 購入してません。(爆)

投稿: BAHAMOUD | 2009年12月 3日 (木曜日) 20時40分

>BAHAMOUDさん

まいど。

>すみません まだ 購入してません。(爆

ええええええ~~~~

それはいけません。

何故なら、この本、内容が内容な故、どうやら5万部以下の発行部数らしいので、大き目の本屋でしか見かけないですし、通販で今のうちに押さえておくべきかもしれませんぞ。いや、本当に。ガチで。

投稿: 只野 | 2009年12月 3日 (木曜日) 21時43分

私は21Cの本をまだ購入していないんですよね~、只野さんの作品だけは凄く見たい!なのでサイドバーのギャラリーを拝見しますね~。

投稿: 三十路工廠 | 2009年12月 6日 (日曜日) 11時41分

>三十路工廠さん

まいど。

この「本」について、当ブログにも記載した様に、オイラとしては「全肯定」していません。後半設定集ですし・・・・(滝汗

ただ、21Cという企画そのものに対して、これは最低野郎の共有資産だと思う程の頑強な思想がありますので、機会がありましたら、最低野郎な貴方には是非、一通り目を通す事をオススメします。

実際、ぱっと見のバランスや形状は、本来「一例」ですし、そこに伴う「コーション」や「意味」の方が、資料的には重要だったりします。例えばデカールを自作するなり、ギミックをこしらえる際の足掛かりとして頼りになるかも知れませんしね。

投稿: 只野 | 2009年12月 6日 (日曜日) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/32467381

この記事へのトラックバック一覧です: スコープドッグ21C・追記:

« 海王丸 寄航 | トップページ | ベルゼルガBTCⅡ 完成 »