« 告知・スタンディング・トータス(TV版) | トップページ | アドラーズネストさんが・・その② »

2010年2月12日 (金曜日)

父さん、事件です。  「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE-ケース;アービン-」「ボトムズファインダー」「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」

装甲騎兵ボトムズ 最新作発表

Photo

とうとう、と、いうか、ようやく発表された感がありますが、ボトムズ野郎なオイラとしてはテグスネ引いて待っていた!

2月10日、バンダイナムコ未来研究所ファンシアターにて「装甲騎兵ボトムズ」のプレミア新作発表会が行われ、「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE-ケース;アービン-」「ボトムズファインダー」「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」という3つのタイトルが新作で製作中である事が明らかになった。

五十嵐紫樟、重田敦司といった若手監督が「ボトムズ」をどう捌くのか、非常に興味がある。

高橋監督も「あと10年『装甲騎兵ボトムズ』シリーズを持続させるという意気込みに水をかけてはならない」と、発言しており、一ファンとしては温かい目で見守りたい気持ちである。

以前、当ブログ内でも発言した事なのだが、所謂「Gボトムズ」的、次世代の映像作品の発表は、将来の発展のために避けては通れない必須事項である。

造形屋もモデラーも、お茶の間評論している場合じゃない。負けない様に新しい事を考え、仕掛け、出力しなければならないだろう。

加えて「孤影再び」も映像化されるとなれば、もうジッとしていられない。そうか、09年、動きが無いなぁ・という状況下で着々とプロジェクトは進行していたんだね。

|

« 告知・スタンディング・トータス(TV版) | トップページ | アドラーズネストさんが・・その② »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
アプリではお世話になってる様でw

確かに、これは事件ですw

投稿: E-75 | 2010年2月12日 (金曜日) 14時49分

とうとう只野さんの言うてはった事が現実に!
なにやらハイテクっぽいATの姿が。
そして孤影再びも!これが一番嬉しい。
幻影編を入れたら、これから4本あるわけですな。
プラモや完成品にもきっと動きが!

幻を追いかけていたら、現実が追いついた!

投稿: ウロタウコ | 2010年2月12日 (金曜日) 17時02分

と、とりあえず全部買って見る予定ですw
なんにせよボトムズのシリーズが存続するのはうれしいっす
今後の展開に目が離せません^^

投稿: アイス | 2010年2月12日 (金曜日) 17時46分

>E-75さん

まいど。

>アプリ
ええ、ストレスを全てアプリにぶつけている感じですか。(汗
まあ、楽しんでやっているのでお付き合い下さい(爆

情報統制されていたんでしょうね、ようやく解禁です。

投稿: 只野 | 2010年2月12日 (金曜日) 20時33分

>ウロタウコさん

まいど。

At(アルトロ)については、ターレットの存在を残しつつ、ここまで別物だと、むしろ気持ち良さすら感じます。映像を拝見してみない事には正しい評価は出来ませんが、それが「ボトムズ」であるか否かに関わらず、どの様な映像なのか楽しみです。

「孤影」については、素直に嬉しいですが、全然知りませんでした。嬉しい誤算です。

次の10年の為にも、我々ファンにも出来る事が必ずあるはずです。

投稿: 只野 | 2010年2月12日 (金曜日) 20時47分

>アイスさん

まいど。

新監督が紡ぐ、
「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE-ケース;アービン-」「ボトムズファインダー」
については、

古参であればあるほど、「コレじゃない!」的発言をするだろうなぁ・・・と、容易に想像出来るのだが、議論を重ねようと、騒ごうと、これは「時の必然」だとオイラは理解しているんです。

名作ベースで監督を務めるお二方には、横槍やプレッシャーに負けずに頑張って欲しいと切に願っています。
相当勇気や覚悟が必要だと思いますよ。ボトムズファンは煩いですからね、ね。(爆

なにより、どんな形であれ、ここまで多数の企画を進めているサンライズの姿勢に、オイラはまず敬意を払いたい。

映像が出揃った段階で、評価をしようじゃありませんか。

コレでB社も動けばいいんだけれどね。

投稿: 只野 | 2010年2月12日 (金曜日) 21時01分

嬉しいニュースですよね!
孤影再びは素直に嬉しいですし、残りの2本もボトムズの世界観を崩さない程度(クリムゾンアイズ位なら問題ないと思います)でしたら新たな期待もありますしね~。

何にせよ嬉しいお話です☆

投稿: 三十路工廠 | 2010年3月 3日 (水曜日) 22時54分

>三十路工廠さん

まいど。

オイラも含めた話ですが、古参は新監督作品に拒絶反応を示す可能性がありますね。

それでも、その領域への挑戦は、時の必然だと思っていましたので、まずは冷静に見守ろうと思います。

時系列では、「孤影」⇒「幻影」・・という事らしいです。

コチラはどんな落ちをつけるのか?それが問題です。

投稿: 只野 | 2010年3月 4日 (木曜日) 01時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/33344891

この記事へのトラックバック一覧です: 父さん、事件です。  「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE-ケース;アービン-」「ボトムズファインダー」「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」:

« 告知・スタンディング・トータス(TV版) | トップページ | アドラーズネストさんが・・その② »