« R3(リアルロボットレボリューション) | トップページ | 幻影篇 PV2 »

2010年6月25日 (金曜日)

幻影篇 第3話 サンサ

 装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 3 装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 3
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

本日25日発売の「装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 第3話 サンサ」である。

※(以下、ネタバレを含むので、要注意!)

百年戦争戦時下に、3度に及んだ惑星サンサ攻略戦の影響で、酸素マスク無しでは生存できなかった惑星サンサは、32年の歳月で直接呼吸出来るまでに浄化されていた。

赤く灼け果てていた大気は徐々に青さをとりもどしていたが、今も砂嵐が吹き荒れる。キリコはゾフィーの屑鉄屋に住み込み、3ヶ月も巨大戦艦の鉄骨を切断し続けていた。長い苛酷な環境下で視力を失いつつあるゾフィーには、世話を焼くこの若者がかつて仇と憎んだキリコだと思いも寄らない。キリコの留守中、ゾフィーの事務所が突如マーティアルのATエルドスピーネ3機によって襲撃を受ける。ゾフィーを足手纏いにさせる作戦と気づくが、キリコは彼女を背負い砂漠を歩くのだった。

聖地アレギュウムは、「触れえざる者」と定めたはずの「キリコ」を抹殺する計略が進んでいた。ロッチナは呟く、

「どうやら、神の子が生まれるというのは、本当の様だな・・・」

そして、漆黒の宇宙を、惑星サンサに向けて降下しつつあるイレイザー。

***********************************************

過去2巻は「同窓会」的な展開で、このまま過去をトレースしていくかに見えた「幻影篇」ではあるが、第3話で真打登場と共に、一気に「核心」へとストーリーが滑り出した感がある。

ル・シャッコがキリコを追っていた理由も、ここで明らかになり、今だ古代クエント文明の遺産が存在する事を暗示させている。さて、キリコは何処へ召還されるのだろうか?

|

« R3(リアルロボットレボリューション) | トップページ | 幻影篇 PV2 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/35465786

この記事へのトラックバック一覧です: 幻影篇 第3話 サンサ:

« R3(リアルロボットレボリューション) | トップページ | 幻影篇 PV2 »