« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »

2011年8月21日 - 2011年8月27日

2011年8月24日 (水曜日)

告知・ホビージャパン2011年10月号

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2011年 10月号 [雑誌] Book Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2011年 10月号 [雑誌]

販売元:ホビージャパン
発売日:2011/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

明日発売のホビージャパン2011年10月である。

回顧録的に表現するならば、あの時は暑かった。塗装している時は雨天な上に凄い湿気で、クリア塗装が思いっきりカブッたりして調整に苦労した。

そんな時に限って発注が重複するから侮れない。クタクタになって帰宅してから夜中まで作ってたなぁ~

さて、そんな状況で出来た労作が、コレ↓

Rimg0690

今週末、幕張メッセで開催されるキャラホビ2011内、VOLKSブースで発売予定の1:24スケール・ATM-FX∞ベルゼルガSSSーⅩテスタロッサである。

過去に「MM」(メカニカル・ムービング)シリーズとして発売された同ガレージキットを、固定ポーズ化、そしてカラーレジン仕様としてブラッシュアップ。イベント限定品として販売される。

今回の作例記事では、「カラーレジン」の優位性を最大限に活かす「サフレス」塗装について、下地処理の仕方から言及してみた。

Rimg0630 その内容に関しては記事を確認して戴こう。

それはさておき、このVOLKSのキット、1:24スケールなのにとにかくデカイ!1:20のバンダイ「タコ」よりも更にデカイ。記事でも「中二病的」と記しましたが、槍・長い。銃・ヤッパリ長い。トサカ、つま先・無駄に長い。おまけに唯一ジェネレーターを搭載し、メルキア軍の最先端技術を投入して作られたケインの為のスペシャルなAT。もうね、小説の暴走具合もそうなんだけれど、HJで別冊が作られた当時の藤田一己の暴走っぷりにはやられた、と思いましたね。「K」「絶叫の騎士」の世界観や、このATの在り様を納得は出来ないけれども、とにかくカッコイイという事実は否定できないんですよね。このキット自体、固定ポーズでダボの精度も良く組みやすいですし、組んだ時のバランスが、可動時代よりスマートでソリッド感が好いんです。

ただ、「ボトムズ野郎」であるが故に、グロス塗装でテカテカツルツルなカーモデル的アプローチには否定的ですから、他のATと並べる事を前提に彩色しました。我が家には同スケールの各社ブルーナイトシリースが鎮座してますから。でも、同じ棚に入らない・・・っていうね。wwwww

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年9月25日 - 2011年10月1日 »