« 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)① | トップページ | 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)③ »

2012年5月15日 (火曜日)

1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)②

引き続き、制作記である。

Rimg0061 バーグラリー・ドッグの背嚢は、パラシュートザックを改造して制作している。フックは独自解釈。ミサイルポッドはWAVE製の「ザ・ラスト・レッドショルダー」版の物を使用。後にAN製品のカメラ付き弾頭を装着する。ガトリングは、孤影再び・劇場版とは形状が違うのだが、基部はスクラッチ、AN製品の4連ガトリングをはめ込める様にしている。(着脱可能)

Rimg0063 スモークディスチャージャーとヘビーマシンガンのショーとバレルもAN製品。

腕部はWAVEの「ペールゼン・ファイルズ」版を使用。ナックルと肩のシャックル基部を新造、肩アーマーはエポキシパテで裏打ちして強化、貫通口を介してアームに取り付け、シャックルで留める方式に変更している。

この後、AN新製品のリベットを打って行くのだが、新しい物はより扁平で、ボトムズのキットによりシックリくるのでお勧めだ。

Rimg0009 胴体は腹部で一旦分割して腹を3mm程延長。股関節は1軸化して強化し、太もも幅詰め、短縮しつつ、内部にボークス製可動ユニットを組み込んでいる。

膝から下はWAVE製品ではなく、2002年頃(うろ覚えですまない)WFで買ったイベント品でサクライ総統原型の「嚇奕」版の改造パーツである。これを孤影版に改造して使用している。

|

« 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)① | トップページ | 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)③ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ボトムズ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「模型」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

「造形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/69200/45262300

この記事へのトラックバック一覧です: 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)②:

« 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)① | トップページ | 1:24バーグラリードッグ(孤影・小説版)③ »