経済・政治・国際

2011年3月17日 (木曜日)

がんばれ日本!

Gundam ガンダムが日本にエール「ガンバレ日本」、著名漫画家たちからメッセージ続々

著名な方々のこういった活動を大いに応援したい。

原発問題は我々が騒いだところでどうなる問題でもないので、「国」にしっかり責任をとってもらおう。

現場で生死をかけて頑張っている方々へは、敬意をもってありがとうと伝えたい。

「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ-定年前に自ら志願

管直人が東京電力の対応に苦言を呈する発言をしていたが、おかしなはなしである。「国」が今日までの原子力事業を指導している以上、各省庁間、及び、事業者とのコンセンサスを主導してしかるべきである。

何時も泥をかぶるのは現場の人間だ。生死をかけて事態と対峙する現場の人達が少しでも仕事をしやすい状況を作ってほしい。

責任問題を議論するのは、問題が終息してからだ。無力は我々は、静観して彼らの努力に期待するしかない。デマや風評、チェーンメールに踊らされず。日々の生活を淡々と維持継続するべきかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)